モーションコントロールカメラ

スタジオビンゴではストップモーション・アニメーション用のモーションコントロールカメラのオペレーティングサービスを行っています。

弊社のモーションコントロールカメラは、ストップモーション・アニメーション ソフトウェア 「DRAGON FRAME」で制御できるDitoGear社のモーションコントロールシステムを採用しています。

 





動作について



⑴ドリー

  「スライドレール」を使用してカメラの移動を行うことができます。
移動する対象物を平行に追いかけたり、安定したカメラワークを行うことができます。

⑵パン・チルト + ⑴ドリー

  レールに取り付けた「オムニヘッド」を用いてパン・チルトを行うことができます。
「スライドレール」と併用して移動と回転を同時に行うことができます。

アーム + ⑵パン・チルト + ⑴ドリー

  「アーム」を使用する事で新たに上下移動・左右回転が可能になります。
「スライドレール」「オムニヘッド」「アーム」を併用する事で、より多彩なカメラワークが可能になります。



  DRAGON FRAME上でキーフレームを作成し軌道を作成するので、同じ軌道を繰り返し行き来することが可能です。
空舞台(被写体をどかし、背景のみを撮影すること)を撮影して、合成を行ったり、バレ消しなど行う事ができます。



サンプル動画

テレビ東京ドラマスペシャル「パンセ」(2017)のオープニングムービーでは、
弊社のモーションコントロールカメラが一部のシーンで使われています。


自社作品によるモーションコントロールカメラ使用例


 



Motion Control Camera 機材レンタル&オペレーション価格

使用機材:Ditogear Motion Control System(使用ソフトウェア:DragonFrame)

ドリーのみ
1日 200,000円(税別)〜
ドリー + パン・チルト
1日 230,000円(税別)〜
ドリー + パン・チルト + アーム(カメラ上下)
1日 270,000円(税別)〜
上記の価格には「機材レンタル代 + オペレーター 2名 人件費(チーフ、アシスタント各1名) + 機材運搬費」が含まれます。

(注)弊社では、Ditogear Motion Control Cameraの機材レンタルのみは行なっておりません。
プロジェクトの撮影内容、撮影期間をお聞きした上、一度、御見積りいたします。下記リンクより、お気軽にご相談ください。

お見積りはこちらから



Top Animation Illustration Blog Links Youtube Contact Us